FC2ブログ

(仮)

とりあえず作ってみたBlog。 更新頻度は多分低め。名前もてきとーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ウディコン終わりました。

http://www.silversecond.com/WolfRPGEditor/Contest/result07.shtml
結果が発表されました。だいぶ前ですけど。

『4 you』は24位にランクインしました。
遊んでくださった方々ありがとうございました。

遊びやすさで8位になったのが割と意外でした。
それなりに気を使ったところが評価されてて嬉しかったです。
感想コメントもいろいろありましたので、そちらは今後反省材料にしていきたいと思います。
特に画像とか手抜きというか、時間足りずにタイムアップだったからね!
いい加減にせーよと。

今後は『4 you』を拡張、パワーアップさせたものを作りたいと思って頭のなかでごちゃごちゃやってたりします。
ニコニコの自作ゲームフェスに出せたらいいなあ、と思ってますが果たして。

※前回の記事に拍手1件入ってたのですが、気づいたのが遅すぎたようで内容が破棄されてしまってました。
ぜひ連絡ください。
スポンサーサイト
自作ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |

第7回ウディコン参戦!

http://www.silversecond.com/WolfRPGEditor/Contest/entry.shtml
エントリーNo.56の「4 you」で参戦してます。ドドドン!

とりあえず疲れたのでゆっくりしながらほかのゲームで遊ぼうと思います。
あと、ちゃんとしたカード画像作ったりとかしないとね!
自作ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |

ウディコン参加してました。

作品投稿した時点でBlog投稿せず、すべてが終わった時点で投稿するっていうのは我ながらどうなんでしょうか。
いくらなんでもサボりが酷すぎると思います。

というわけで、第5回ウディコンに参加していました。
「ひかりとかがみとにわとりさん」です。

提出用

遊んでくださった方々、ありがとうございました。

反省としましては、チュートリアルがなかったり不親切な部分も多々ありましたし、色々練っていないところも多くありました。
リトライするためにRキー押してからやり直せるようにしようとしたところ、スピードに追いつけないとかそういう意見もありました。
あと、スタート後ダッシュしなければならないステージが多すぎたように思います。
もうちょっとステージのバリエーションを増やすべきだったと思いました。

順位としてはとりあえずランキング外でした。
でもやっぱりこういう場所は楽しいものですね。
大会運営のWOLFさん、製作者さん、プレイヤーさん、みなさんありがとうございました。

とりあえず次回はRPGまたはそれに類するものを作ってみたいですね。
一応ネタはありますが。
出来れば「うおっ、これすげえ!!」って言ってもらってなんか順位がつきそうなやつを。
がんばりたいですねえ。
ウディコンに出る気力とかあればいいのですが・・・。
自作ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |

-Bonds-

ダウンロード

戦闘時には、キーボードによって主人公が放つ魔法を直接入力して戦闘を行う
他とは違うリアルタイム戦闘システムを採用した短編RPGです。
キーボードを使った(多分)ウディタならではのシステムをお楽しみください。

第2回WOLF RPGエディターコンテスト作品紹介より

第2回WOLF RPGエディターコンテスト
全53作品中25位

################################################################################

以下、このゲームについて適当に語ったりしたりしなかったり

まぁ、キーボードで呪文を入力して、それによって主人公が攻撃したり回復したりとか、そういう感じのゲームです。
キーボードで魔法を唱えて戦うってなんかかっこいいやん!とかそんなのが動機で作られました。
25位とかなんともいえない感じですけど、やりたいことはひとまず突っ込んで、それに対しては評価してもらえたんでそれなりに納得はしてたり。
(もちろんバランス調整不足のところとかサボったところはしっかり指摘されたりしてますけど)
呪文で敵と戦ったり、シナリオ上でモノクロ使った演出やってみたり、とかそういう感じのことがやりたかったので。
まぁ、所詮自己満足に留まってしまったからだから25位だったのかなー、とか思う一方で、よくこんなんでここまで評価してもらえたな、とか思ったり。

ただ、遊んでもらうことを考えるといかんせんルール説明が不足していたのと、視覚的な演出に気合入ってなかったかなぁ、と思ってたり。
遊んでもらうことを考えるなら、今後もっと分かりやすくしたりとか煮詰めていかなきゃいけないところはいくらでもありますね。
自作ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。