FC2ブログ

(仮)

とりあえず作ってみたBlog。 更新頻度は多分低め。名前もてきとーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ドット絵描いてみた

学生服・男

学生服・女

とりあえずドット絵を描いてみました。
ついでに公式の素材投稿スレに投げ込んでまいりました。
結構学生服って定番だし、とっくにあるだろうと思ってたのですが、無くてビックリ。
アナザーカラーの制服も作ろうかと思ったけどちょっと気力足りませんでした。
・・・というか、この学生服、1年半くらい前の第二回の非公式ウディコンに提出した
とある作品で使った奴を手直しした奴だったり。
今度、気が向いたらその作品もここにあげようかと思います。
ある意味Bondsの原型ではあるんですが。
あの時の某所の二度とウディタ触んな的なコメントは今でも胸に刻みつけられてます。
どうでもいいですね。

ドット絵描いたのは1年半ぶりくらいかも。
一時、結構描いてる時期もあったのですが、最近はあまり描かなくなってました。
実は公式のグラフィック合成器にいくつか私が作ったドット絵がちょっぴり入ってるんですよ。うっしっし。
自分が作った奴が使われてたりするとこっそり「おっ!」とか思ってました。まぁ、滅多にないんですが。

Bondsではドット絵は描いてないような気がします。
と、思ったけど選択肢カーソルとアイコン描いてました。
あれも素材として投げ込んでいいのかな?
気が向いたら投げ入れよっと。

###########################################################################

ちょっと戦闘システムのアイデアがひらめいたので、そちらを作ってみようかな、と考えてます。
まだ表現をどうしたらいいのか、とか全然つかめてはいませんがぼちぼちやっていこうと思います。
今のところ期限は最長で来年の8月ですしね。
一番不安なのは大学院の予定かなぁ。
自分の中で優先度が ゲーム開発>大学院の勉強
になりつつあるから困る。
仕方ないね。
スポンサーサイト

ドット絵 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<俺はいったい何をやってるんだ | ホーム | まさかのイラストをいただいてしまいました>>

コメント

Bonds遊ばせていただきました。
遊んでみてシステムから「もしや」と思いましたが、あのゲームの作者さんでしたか!
某コメントはわたしも見ましたが、こうしてまた同作者さんの作品が遊べるのはとても嬉しく思いました。

■■Bondsの感想■■
タイピングに操作を絞ったのが非常に遊びやすく良い点だと思いました。

「FireならFireのエフェクト」と固定ではなく、強化ワードを足せば上位のエフェクトに変わるのが手応えを感じさせて楽しかったです。
数字を見なくても「これはこの位強い!」と伝わるのは適当人間にとって非常にありがたい!

ゲームバランスについては、敵全部を楽しくジェノサイドしてしまったのでボスは苦戦しませんでした。
これは参考になりませんね…!
魔法集めながら戦うのが楽しかったです。

敵の弱点属性は「無効化」が登場するまで意識する事無く進んでしまったので、
「この敵はこれに弱い」と見せて貰えればプレイヤーがより能動的に呪文を選ぶ事に繋がるのではないでしょうか。
(例えば「Check」の魔法を使うと耐性が表示されたまま戦える、とか)

前作の「火魔法を無属性経由で風に変換!」などの要素が好きだったのもあります。
上記は一人で全魔法が使える今作では無関係の事ではありますが、やはり属性の性格付けが今一つ機能していなかったように思えます。
(タイマンなので「火なら単体に強い」「風は複数攻撃」といった特色も出しにくいでしょうけど)

演出面では、敵を倒した瞬間にスパッと戦闘が終わってしまうのが快適ながらも味気無いと思った部分でした。
快適性が損なわれては勿体無いですが、爽快感を煽る演出も何か欲しかったです。

シナリオは若干キャラ名がこんがらがる事が有りましたが、例のどんでん返しを含めて大いに楽しめました。

以上、長くなりましたが感想として送信致します。
また、「前作」を私が誤解しまくっていた場合や不適切なコメントであった場合は申し訳ありません。
2010-09-27 Mon 12:35 | URL | 鴨葱 [ 編集 ]
どうも、コメントありがとうございます!
まぁ、あの時は色々ありましたが今も元気に生きてます。(笑)

Bondsの感想もありがとうございます!
タイピングに操作を絞ることで遊びやすく出来たみたいで良かったです。

強化ワードを足して威力UPは色々考えてあんな感じになりました。
強い攻撃ならエフェクトもそれ相応に派手にするべきだ!という考えの元にああなりました。

ゲームバランスについてはちょっとヌルかったかな、という気がしてます。
ボスだけ倒してステ上げを適当にやった状態でもクリアできるように設定したので・・・。
まあ、バランス取る時間があまりなかったというのもあるので、そこは反省点なのですが。
魔法を集めるのが楽しいと言ってもらえると嬉しいですね!

属性についてもあまり機能してなかったのは否めないですね。
要反省です。
どちらかというと弱点を突くより、足かせになる場合が多かったかも・・・。
結構戦闘自体がせわしないんで、あまり敵の弱点を考えてる余裕が無かったかもしれませんね。
属性自体の特徴もイマイチ薄かったですしね。
後は補助魔法とか。

敵を倒した瞬間にスパッと戦闘が終わってしまうのは、まぁ、快適性を追求したと言えば都合がいいのですが、良い演出も思い浮かばず、時間がなくて後回しにした結果がアレだったりします。
爽快感を煽る演出はあまり考えたことがないのですが、もうちょっと工夫が必要ですね。

シナリオの評価が意外と高いなぁ、というのが作者の感想だったり(笑)
名前がこんがらがりそうになるのは私の構成力では如何ともしがたかったと申しますか・・・!
そこも楽しめて頂けたようで何よりです。

それにしても、長い感想、本当にありがとうございました!
「前作」はおそらく、考えているのと合っていると思います(笑)
2010-09-28 Tue 22:10 | URL | MAT [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。